連載(北羽新報)

連載(北羽新報)

(その83)「資格や職業に貴賤はあるか?」『北羽新報』2023年7月24日号

今回のコラムは、わたしが経営学部長(2002年~2004年)から大学院の学科長(2010年~2012年)にかけて経験したことを書かせていただきました。この10年間で、大学の制度改革で大きな貢献ができたと思います。だだし、そのプロセスでは、従...
連載(北羽新報)

(その82)「悲報:「東雲羊羹」が食べられなくなる!」『北羽新報』2023年6月26日号

全国各地で老舗菓子店やレストランの廃業が相次いでいる。店主や従業員の高齢化が原因である。地方の場合は、働き手の若い人たちがいない。人手不足が深刻で、事業承継も思うようにいかない。そんな中で、わが生まれ故郷の秋田県能代市で、ソウルフードの「東...
連載(北羽新報)

(その81)「知られざる花の効用」『北羽新報』2023年5月22日号

最近の学術研究で、植物は人間の言葉を理解しているようだと言われています。また、モーツアルトの音楽を流すと花がきれいに咲いたり、植物の成長が促進されるとの実験結果もあります。今回は、思いもかけない花や植物の効用について紹介します。
連載(北羽新報)

(その80)「コーヒーカップの持ち手は、右?左?」『北羽新報』2023年4月24日号

15年前のブログを書き直して、地元の『北羽新報』に投稿しました。掲載前に、友人たちの何人かにゲラの段階で原稿を読んでもらいました。わたしは、右利きでカップは左手持ちです。ところが、わたしの想定に反して、ほとんどの方(右利き)がカップを右手に...
連載(北羽新報)

(その79)「遺言状のデータ更新」『北羽新報』2023年3月27日号

気が付いてみると、この連載が79回目になっている。わが人生も手じまいの時期を迎えている。数日前にブログに書いたことを、昨日は友人たちに転送しておいた。数人から返事が戻ってきた。わたしは遺産相続で骨肉の争いを見てきたから、このコラムを残してお...
連載(北羽新報)

(その78)「国産米でせんべいを焼く:岩塚製菓のこだわり」『北羽新報』2023年2月27日号  日号

このところ、交流が深まった企業の一つに、新潟県長岡市の岩塚製菓がある。社長の槇春夫さんには、本稿を書くために、何度も直接のコミュニケーションを取らせていただいた。温厚で誠実な企業人である。岩塚製菓は、業界三位ではあるが、米菓の作り方に拘った...
連載(北羽新報)

(その77)「年賀状納め」『北羽新報』2023年1月30日号

年賀状の印刷枚数が減少しています。わが友人たちで退職した同僚や、喪中をきっかけに年賀状を出さない人が増えています。わたし自身も、ピーク時には年間500枚近くの年賀状を印刷していました。年々枚数は減っています。今回のコラムでは、年賀状を辞める...
連載(北羽新報)

(その76)「71歳の新入り消防団員」『北羽新報』2022年12月24日号

秋田県能代市の地元新聞『北羽新報』への連載が、今回で76回目になりました。今月号からは、コラムの編集担当者が、八代さんから池端さんに交替になります。八代さんには、6年間、原稿を同紙の一面でコラム記事にしていただきました。原稿をメールで送ると...
連載(北羽新報)

(その75)「韓日衣服比較文化論:歩く後ろ姿で国籍が分かる!」『北羽新報』(2022年11月25日号)

大学の学部ゼミに、45年間で3人の留学生を受け入れた。台湾(男子)とマレーシア(女子)、そして韓国(男子)である。わがゼミは、日本と英語でテキストを輪読するのと、フィールドワークがあるので、留学生にとってはやや敷居が高いと思われていた。
連載(北羽新報)

(その74)「54年ぶりの再会」『北羽新報』2022年10月24日号

東京能高同窓会のために、コラムを一ヶ月お休みさせていただきました。今朝の掲載です。早速、秋田の友人から「懐かしいです」とメールが来ていました。お互いに、あと何年生きられるかわかりません。昨日、わたしは71歳の誕生日を迎えました。秋田の同期も...