【柴又日誌】#165:京成線沿線で、新しいオフィスを探す

 大学を定年退職すると同時に、市ヶ谷からオフィスを引越することになった。2022年3
月のことである。顧問先の岩崎秀樹さんが経営する監視カメラ会社の計らいで、千代田区
神田小川町2丁目の「Barブリッツ」(岩崎さんが店のオーナー)の隣のギャラリー・スペ
ースを、事務所として使用させてもらっている。
事務所に来客があるときは、森田ママ(Barのしおりママ)がお茶とおしぼりを出して
くれる。岩崎さんの好意で、至れり尽くせりのサービスを無償で提供してもらっている。
事務所の壁1枚を挟んで隣は、素敵なバーの空間になっている。夕方からは、森田ママが
、アルコールと軽食をサービスしてくれる。
快適なOffice&Barの空間は、顧問先の岩崎さんの会社が借りている。神田小川町は交通
の便がとてもよい。最寄り駅は、都営新宿線の小川町駅。千代田線の新御茶ノ水駅や丸の
内線の淡路町駅から、5~6分でオフィスまで歩いて来ることができる。坂道を登って行く
ことを厭わなければ、7~8分でJR総武線のお茶の水駅に行くことができる。神田駅や岩本
町駅も、決して歩けない距離ではない。
こんな便利な場所を自由にオフィスとして利用させていただく代わりに、わたしはBar
ブリッツの集客営業を担当している。バーカウンターの一番奥の席に座ったときには、店
の前を通って行く人に「入店を促す」強烈な視線を送っている。
通行人の何人かは、それを入店の合図だと受け取り、実際にドアを開けて入ってくるこ
とがある。さらに言えば、念力にも似たこの手法は、お馴染みさんにはとくに有効である
。その昔から、客引きには自信があった。
いまは、そんな楽しい2年間が終わりかけている。「Bar Blitz」の開設から3年目に入っ
た。店主の岩崎さんは、この秋にはビルの持ち主と契約更改の時期を迎える。今の様子を
見ていると、11月にはバーの場所を移転する必要が出てきそうだ。
現在、わたしのオフィス空間は、Barのアネックス(別館)になっている。わたしの客引
きがうまくいったときは、しばしばオフィスの方に客が流れてくることになっている。即
興で店の一部に変身できるよう、オフィスはシンプルに3連のテーブルでつないで、12脚
の椅子を配置してある。
それ以外は、わたし個人が使用するPCとzoom仕様のモニターが置いてあるだけだ。本
や書類などは、壁の本棚に収容できるようになっている。大学からここにオフィスを移し
てからの2年間は、アフターゼミの実施や仕事のミーティングポイントとして、この空間
を便利に活用してきた。
さて、そのオフィスも契約が更改できないとなると、年末までには、間借り人のわたし
も移転せざるを得なくなる。確定したわけではないが、店主の岩崎さんとビルオーナーと
の関係が麗しい状態ではないようだから、サブリースしているわたしも、2024年末までに
は新しい事務所を探すことになりそうだ。
新しいオフィスの場所を考えてみるのは、それはそれで楽しいことだ。その昔は、江東
区森下のマンションに、1LDKの書斎を構えていた。授業が始まる前に、江東区総合セン
ターで筋トレをして、毎朝の日課として隅田川沿いのテラスを走っていた。
今度もきっと、森下の書斎の再来になるのだろう。6年前との大きなちがいは、そこが書
斎ではなく、元ゼミ生たちが交流できる事務所空間に代わることだ。わたしの通勤の便を
考えると、自宅から京成線を乗り換えなしで行ける場所になる。
具体的には、東京スカイツリーがある押上から人形町の中間点辺りだろうか? ただし
、森下に住んでいた頃と同様に、最低でも走る場所が近くにあることが必須だ。隅田川テ

ラスに面していればベストである。
こじゃれたレストランやクラフト系のショップがある蔵前駅辺りが理想だ。そうは言っ
ても、学生たちが(東京駅から)電車で簡単にオフィスに来られるという便宜を考えれば
、浅草橋や人形町なども候補だろう。とはいえ、わたしがランニングするコースをとるこ
とは難しそうだ。
新たな妄想は、そこからさらに広がっていく。たとえば、いっそのこと、料理研究家の
荒牧先生が所有している黒板塀のある家はどうだろう。築100年超の大正時代の古家をリフ
ォームしたものだ。
子供に読み聞かせができる一階。その2階が書斎になっている。作家さんが住んでいる
ような部屋だった。高円寺から歩いて20分。駅からは遠くなるが、近くには銭湯やアパー
トなどもある。
その途中は、ねじめさんの「高円寺純情商店街」を通ってくる。東京マラソンからは3
日目。妄想はそろそろ終えて、そろそろ走ってこよう。

柴又日誌

【柴又日誌】#176:番号違いから、誤送信メールの顛末。

一昨日(4月15日)のことである。来年50周年を迎えるローソンの出版企画の件だった。  ドラフトの進行状況を説明するため、PHP研究所の三宅晃生さんに携帯からショートメールを送ろうとした。わたしのスマホから、「三宅さんが電話しても大丈夫な時...
柴又日誌

【柴又日誌】#175:うな重はハーフサイズで、アルコールはダブルで

埼玉県三郷市の川魚料理店「根本」に行くようになってから、うな重を注文するときは「ハーフサイズ」が標準になった。ご飯の分量は同じだが、うなぎがひと切れのうな重のことである。根本では、これを「ハーフ」と呼んでいる。  65歳を超えたあたりから、...
柴又日誌

【柴又日誌】#174:そうだ京都、行こう!

働きすぎと遊びすぎで、先週から体調不良が続いている。ここは、気分転換に関西方面に小旅行を企画することにした。昨日来、かみさんが京都の娘のところに、ご機嫌伺いのために移動している。  一週間ほど前から、神戸のお孫さんの諒君(小学校3年生)が熱...
柴又日誌

【柴又日誌】#173:葛飾区で人気No.1の洋食屋さん、洋食工房ヒロ。

京成立石の駅から歩いて5分ほどのところに、「洋食工房ヒロ」というレストランがある。わずか12席の小さな店で、葛飾区では最も人気の高い洋食屋のひとつだ。  ネットで検索すると、葛飾区の飲食店で常にトップを争っているのが、京成高砂駅の「ときわ食...
柴又日誌

【柴又日誌】#172:ばばちゃんを囲んで観桜会@にいじゅくみらい公園

奥村家(かみさんの実家)の従妹会の面々が、東京理科大(金町キャンパス)の前にある広場に集まった。わたしが「広場」と呼んだ場所は、正式名称が「にいじゅくみらい公園」。理科大の金町校舎の前に広がる芝生公園で、周囲が1.5KMほどある。  集まっ...
未分類

【柴又日誌】#171:本田消防署、11分団でも操法大会の練習がはじまる

昨日(4月1日)から、消防操法大会に向けて、11分団でも練習がはじまった。2022年11月に入団したわたしは、選手として大会に出場することはないが、選手たちの練習をアシストする役目を仰せつかっている。訓練には、環状7号線高架下の公道を利用す...
柴又日誌

【柴又日誌】#170:「サプリメント大魔王」の密かなる不安

わたしは自称「サプリメント大魔王」を自任している。「チョコラBB」(エーザイ)や「コエンザイムQ10AA」(資生堂薬品)をはじめとして、たくさんのサプリメントを飲んでいるからだ。50歳を過ぎた辺りから、美容と健康のために手当たり次第にサプリ...
柴又日誌

【柴又日誌】#169:「世間を狭くすること」で、漫画家の自死は防げたのではないか?

昨日(3月24日)は、駅前の「寿司ダイニングすすむ」さんに4人が集合した。わたしが声がけしたのは、園田健也さん(小学館)と岩崎達也さん(関東学院大学教授)のふたりである。小学館の漫画雑誌で有名になった漫画家さんのことで、ふたりとLINEでや...
柴又日誌

【柴又日誌】#168:消防団の操法大会に向けての訓練が始まる(4月1日~)

読者の皆さんから、「小川先生のこの頃、ブログで消防団活動について何にも報告がありませんね」と質問を受けそうです。心配されている方もいらっしゃると思い、ちょっとした報告をさせていただきます。昨日のこと、2024年の操法大会に向けて練習が始まる...
柴又日誌

【柴又日誌】#167:しまむらの創業者、島村恒俊オーナーは98歳(@ミモザの日)。

3月8日のミモザの日、「ファッションセンターしまむら」の創業者、島村恒俊オーナーは、98歳の誕生日を迎えた。『しまむらとヤオコー』(小学館、2011年)を刊行して以来、3月8日の誕生日には、毎年のようにバラのブーケを送っている。今年も、Hi...