日々の活動記録

柴又日誌

【柴又日誌】#176:番号違いから、誤送信メールの顛末。

一昨日(4月15日)のことである。来年50周年を迎えるローソンの出版企画の件だった。  ドラフトの進行状況を説明するため、PHP研究所の三宅晃生さんに携帯からショートメールを送ろうとした。わたしのスマホから、「三宅さんが電話しても大丈夫な時...
Day Watch

【書籍の進行#2】林知幸・小川孔輔著『ワークマンのアンバサダー・マーケティング(仮)』(出版社未定、刊行時期未定)

出版の打ち合わせで、2か月ぶりで「ワークマン」の上野オフィスを訪問した。今回の目的は、アンバサダーさんたちに会うことだった。とんな人がどんな分野で、商品開発や販促活動に社外から関わっているのか、知りたかった。  4月の打ち合わせのとき、「ア...
Day Watch

【マラソン、ご報告】美瑛ヘルシーマラソン(15回目の出場)、2時間23分07秒でゴール。

冒頭の写真は、「ペンションWE」の岩崎さんが、わざわざ過去の宿帳を繰って調べてくださった宿泊記録(初日)である。メモの数字は、奥様の筆跡である。  日付を見るとわかるが、6月開催の「丘を走るマラソン」は、今年が15回目の出場になる(メモ用紙...
Day Watch

【マラソン】美瑛ヘルシーマラソン、次男の真継くんと7度目の対決

昨年から、北海道美瑛町の丘を走るマラソン(ハーフ)のコースが変更になった。旭岳の麓からダウンスロープを降りてくるコースは、15KM地点にある「心臓破りの坂」を停まらず耐えれば、その後は下り坂が続く。自己ベストの出やすい、比較的平坦なコースだ...
Day Watch

【懐かしい本の話】拙著『しまむらとヤオコー』(小学館、2011年)について、埼玉県議会図書館から問い合わせ

昨日のランチタイムは、小学館の園田健也さん(書籍編集部)と「共栄堂」(神保町のカレー屋さん)でお昼をご一緒した。共栄堂は、小学館ビルがある神保町界隈で、もっとも古い老舗のカレー屋さんのひとつである。  そもそもの来訪の目的は、園田さんに朝顔...
連載(JFMAニュース)

【巻頭言】「⺟の⽇対策オンライン会議のPDCA」『JFMAニュース』2024年5月20日号

⺟の⽇が明けた5月17⽇に、「今年の⺟の⽇を振り返る」というテーマで、オンライン・ミーティングが開催された。イベントの主催者は、JFMA/MPSジャパン。⺟の⽇の⼀か月前(4月5⽇)には、生産者から小売店まで、流通段階のそれぞれの準備状態を...
柴又日誌

【柴又日誌】#175:うな重はハーフサイズで、アルコールはダブルで

埼玉県三郷市の川魚料理店「根本」に行くようになってから、うな重を注文するときは「ハーフサイズ」が標準になった。ご飯の分量は同じだが、うなぎがひと切れのうな重のことである。根本では、これを「ハーフ」と呼んでいる。  65歳を超えたあたりから、...
連載(北羽新報)

(その92)「ふるさとは遠きにありて思ふもの」『北羽新報』2024年5月27日号

生まれ故郷の秋田に帰省しました。能代図書館の主催で、昨年刊行した私小説をテーマに講演会を開いていただきました。そのときの想いをコラムにしてみました。  帰省するときに思うのは、金沢出身の詩人、室生犀星です。望郷の念を謳ったものと思っていた犀...
柴又日誌

【柴又日誌】#174:そうだ京都、行こう!

働きすぎと遊びすぎで、先週から体調不良が続いている。ここは、気分転換に関西方面に小旅行を企画することにした。昨日来、かみさんが京都の娘のところに、ご機嫌伺いのために移動している。  一週間ほど前から、神戸のお孫さんの諒君(小学校3年生)が熱...
Day Watch

【マラソン】2つの地方大会(福井と新潟)への参加を断念する

東北地方で4月と5月に走った2つのレース(花巻と仙台)で、体が疲弊しきっている。残念無念ではあるが、大会はこの先もあるので、今週末の越前大野名水マラソン(ハーフ、5月26日)と来週の高田城ロードレース(10K、6月2日)をスキップすることに...