日々の活動記録

Day Watch

弔意

偶然にも、本日(1月19日)は、尊敬する二人の人間の告別式である。2002年は、年初から不運・不幸が重なってしまった。
Day Watch

自分を変えられる能力: 3年ぶりの柳井正

当初の事業目的を達成した後で、次のステップに進むためのごく小さな壁が乗り越えられないでいる経営者は少なくない。彼らが共通して抱えている問題は、「自己を肯定的に否定する能力」を失ってしまうことである。
Day Watch

大学院生が研究者として一人前になる瞬間

卒業を控えたこの季節は、大学教授にとっても、研究と教育にひとつの区切りをつけるときである。
Day Watch

商家の暮れ

今年は約400人の方に年賀状を出せていただきました。最近卒業していった学部ゼミ生や社会人大学院生には、新年に賀状を受け取ってから返信しますので、おそらくトータルの枚数は450枚を超えると思います。
Day Watch

「小川町物語:食品スーパー・ヤオコー(2)」

<小商圏ドミナント戦略>  学生調査班の評価は、「こんなちんまりした店で、大丈夫かな?」であった。川野社長によると、児玉店は売り場面積が約200坪。母親トモ(現会長)が父親の荘輔が亡くなった後に、八百屋をスーパーに業態転換してから7店舗目の...
Day Watch

小川町物語「スーパー・ヤオコー」(1)

人口わずか1万2千人の小さな町から、特定分野で日本を代表する2つの企業が生まれている。関東平野にあるその町は、埼玉県比企郡小川町。東証一部上場企業となったふたつの企業とは、食品スーパーの「ヤオコー」(関東近県に59店舗、売上高約1000億円...
Day Watch

オーガニックスーパーのチェーン展開を可能にする条件が日本でも整いつつある

オーガニック食品(とくに野菜)は、「生協」「大地を守る会」「らでぃっしゅぼうや」など、一部の直販型流通業者が特別なチャネルで販売する商品と見られてきた。したがって、大きなマーケットがあるとは一般にはみなされていない。
Day Watch

商取引における匿名性とプライバシー保護: 市場取引システムは挑戦を受けている

狂牛病騒ぎとNY貿易センタービルの同時爆破テロ事件とは、根が同じである。商品とお金という違いはあるが、ふたつの事件を発生させた基礎条件は酷似している。
Day Watch

禁忌を売る: タブーのマーケティング

本日のDWは懺悔になる。編集者に出版を約束していながら、いまだに作品が日の目をみていない本が10冊ほどある。途中まで完成しているのや、たった1章だけが書き上がっているものもある。
Day Watch

「京都文化の産業的な基礎: メンテナンス・ビジネスとしての伝統産業」

先週の火曜日(11月13日)、京都商工会議所の招きで「老舗ブランドの経営と京都文化」という演題で講演をさせていただいた。紅葉のシーズンに京都に招待いただき、この上もない幸運だったと感謝している。当日の午前中、おかげさまで、紅葉が美しい東福寺...