Page: 1/2   >>
【シリーズ:農と食のイノベーション(第15回)】 「ローソンファーム千葉(下):農産品の加工と未来への投資」『食品商業』2019年10月号
 連載で登場いただいた「ローソンファーム千葉」の篠塚利彦社長の農場が、先々週、房総半島を襲った台風15号の影響で大きなダメージを受けました。台風が通過した直後、9月11日にいただいた篠塚さんからのメールは悲痛なものでした。冷蔵庫に原料を保管してありますから、停電の影響はかなり大きかったようです。
and more...
| Kosuke Ogawa | 13:25 | - | - | pookmark |
「ローソンファーム千葉(上):農業参入への新しいアプローチ(農業FC経営)」 『食品商業』2019年9月号(連載第14回:農と食のイノベーション)
 新浪社長時代の2010年に、ローソンが直営で農場を始めました。筆者は、ローソンが選んだ農業経営は、農業生産のフランチャイズビジネスだと考えています。以前から「農業FC経営」と呼んでいる形態が、コンビニの最上流で具現化した形です。二回に分けて初会しますが、(上)ではローソンが考える事業形態について解説します。
and more...
| Kosuke Ogawa | 19:08 | - | - | pookmark |
【シリーズ:農と食のイノベーション(第13回)】 「オイシックス・ラ・大地(下):」『食品商業』2019年8月号
 連載13回目は、「オイシックス・ラ・大地(下)」になります。後半では、2017年以降の同業2社の統合効果について分析しています。らでぃしゅぼーやが一年で黒字を達成した理由が説明されています。ここでは詳しく紹介されていませんが、小売業など他社との連携がオイシックスの将来戦略の軸になっています。
and more...
| Kosuke Ogawa | 11:38 | - | - | pookmark |
【シリーズ:農と食のイノベーション(第12回)】 「オイシックス・ラ・大地(上):ミールキットのパイオニア、米国ベンチャー企業を買収」『食品商業』2019年7月号
 今回は、成長著しい農産物の宅配事業で、この数年で同業2社を経営統合した「オイシックス・ラ・大地」を取り上げます。先月、オイシックスは、米国のミールキット宅配会社を買収しました。(上)では、食品分野の海外企業(PC社)を買収した意図を高島社長に尋ねてみました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:56 | - | - | pookmark |
【シリーズ:農と食のイノベーション(第11回)】「(続)HIGH FIVE SALAD:販路にこだわらない勇気が成長をドライブする」『食品商業』2019年6月号
 連載の第5回で紹介したパワーサラダの「HIGH FIVE SALAD」。その後の経過を、今回は(続編)として取り上げてみました。5月から、ナチュラルローソンの都内店舗の全店に導入されています。テスト期間中に販売されていた4種類のうち、2種類のパワーサラダがお目見えしました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 13:14 | - | - | pookmark |
【シリーズ:農と食のイノベーション(第10回)】「"植物食"は一般に普及するだろうか?(下):植物食産業の振興が食糧自給率を高める」『食品商業』2019年5月号
 記念すべき連載10回目は、植物食の普及についての再論です。本日のネットデジタルマガジンの”NEWS PICKS”でも、「インポッシブル・フーズ」や「ビヨンド・ミーツ」「不二製油」など、植物由来の素材を用いたハンバーグ(大豆ミート)が取り上げられていました。この植物由来食材の新規産業は、ベンチャー企業家には目が離せない事業分野です。
and more...
| Kosuke Ogawa | 14:24 | - | - | pookmark |
【シリーズ:農と食のイノベーション(第9回)】「“植物食”は一般に普及するだろうか?」『食品商業』2019年4月号
 前回は「食のバリアフリー」(播太樹社長:フレンバシー)を取り上げました。それを受けて、「植物食」(ヴィーガン・ベジタリアン食)の普及を取り上げました。今回の(上)では、重松美奈子さんの修士論文をもとに、植物食体験や健康問題を論じています。次回(下)では、肉食がもたらす環境負荷と食糧安全保障について議論します。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:31 | - | - | pookmark |
【シリーズ:農と食のイノベーション(第8回)】 「食のバリアフリーを実現する:螢侫譽鵐丱掘次廖愎品商業』2019年3月号
 今月号では、若手ベンチャー企業家の播太樹氏が提唱している概念「食のバリアフリー」を取り上げてみました。「食のバリアフリー」とは、「健康面や宗教的信条など、その理由にかかわらず様々な食嗜好の人が食事を楽しめる環境」のことです。具体的には、ベジタリアン、ヴイーガン、ハラール、アレルギーなど、摂取する食材に制限あるひとたちがにとって、安心できる食事環境のことを指します。
and more...
| Kosuke Ogawa | 09:12 | - | - | pookmark |
【シリーズ:農と食のイノベーション(第7回)】 「金沢大地(下):千年産業を目指して」『食品商業』(2019年2月号)
 連載第7回「金沢大地(下)」では、農業を長く続く産業として位置づける井村さんの考え方と実践を紹介する。耕作放棄されてきた広大な農地には、食と農を結ぶことで多くの可能性が残されている。なお、2月号に掲載された原稿は、紙幅の都合で一部がカットされている。
and more...
| Kosuke Ogawa | 07:06 | - | - | pookmark |
【シリーズ:農と食のイノベーション(第6回)】 「金沢大地(上):土地利用型の有機農業が成立する条件」『食品商業』(2019年1月号)
 連載の6回目と7回目では、石川県金沢市と能登半島で、土地利用型の大規模有機農場を経営している井村辰二郎さんの「金沢大地」を取り上げることにします。(上)では、日本でも珍しい大規模な土地利用型有機農業(生産農場は、「金沢農業」と」「アジア農業」)に取り組むことになった事情について紹介します。
and more...
| Kosuke Ogawa | 18:25 | - | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode