Page: 2/336  << >>
中棚荘滞在記#1: 5年ぶりの初恋りんご風呂
 酷暑から逃れて、信州小諸の中棚荘に来ている。詩人の島崎藤村ゆかりの宿として知られる名湯だ。最後に来たのが福尾が秘書のころで、あれからかれこれ5年になる。山口くん、青木さん、福尾さんとわたしの4人でやってきた。りんごがお風呂に浮かんでいたから、秋口だったのだろう。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:19 | - | - | pookmark |
【甲子園こぼれ話】 金足農業×ローソン共同開発商品、連日のうれしい品切れ
 遠征滞在費に窮していた金足農業ですが、寄付金が1.9億円も集まった話がメディアを賑わせています。農業高校の大躍進にあやかってなのか?昨日から、ローソンと金足農業が共同開発したパンケーキが復刻発売されています。県大会予選が始まる前の5〜6月に、地域限定で発売された商品のようです。
and more...
| Kosuke Ogawa | 10:49 | - | - | pookmark |
B2B事業を再定義する: 不二製油の場合
 2013年に7代目の社長に就任した清水洋史氏は、同社の歴史を踏まえて事業領域を再定義することにした。インタビューは、「教科書的な」事業ドメイン見直しの好事例だった。不二製油は、1950年創業の伊藤忠商事のグループ企業。戦後に市場参入した最後発の植物油脂メーカーである。
and more...
| Kosuke Ogawa | 11:11 | - | - | pookmark |
埼玉県在住の元ゼミ生が、金足農業の優勝を祈願して、秋田なまはげ農協に寄付
 金足農業が2対1で日大三高を下した。準決勝戦を自宅でテレビ観戦したあと、午後から関西方面に新幹線で出張に来ている。昨夜は、京都で打ち合わせをしてから林夫妻とすき焼きを食べて、大阪のリッチモンドホテル大国駅に投宿。今朝早くに、泉佐野にある不二精油の清水社長のインタビュー。食品商業の連載のためだ。
and more...
| Kosuke Ogawa | 07:27 | - | - | pookmark |
不二製油、清水社長インタビュー
 『食品商業』で連載(「農と食のイノベーション」)をはじめてから3回目。不二製油(植物性油脂の製造・開発会社)の取材で、大阪出張に出かける。清水社長のインタビューは、法政大学の同僚、田路則子先生の紹介で実現したものである。田路先生は、北欧で現在はサバティカル期間中。
and more...
| Kosuke Ogawa | 08:55 | - | - | pookmark |
「魚津」×「米沢」=コラボ弁当(バイ飯)の完成に向けて、
 二日間の富山現地視察を終えて、千葉の自宅に戻った。ゼミ生や林社長と一緒だった。本日の午前中は、JFMAの巻頭言を書いていた。秋田への帰省体験からの結論:「墓参りの花の未来」。わたしたちの世代が最後で、仏花は消えてなくなりそうだ。この需要消失をどこで埋め合わせられるか?
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:45 | - | - | pookmark |
「魚津の食」磨き上げ支援プロジェクト、本日から二日間、新幹線で富山まで
 魚津市視察のため、学部ゼミ生(魚津班、花畑さん)と東京駅で集合します。途中からは(大宮駅経由)、松川弁当店の林真人社長が合流します。魚津市とコラボで、お弁当を作る計画が進行しています。学部ゼミ生には、魚津市内でのフィールドワークが準備されています。
and more...
| Kosuke Ogawa | 06:22 | - | - | pookmark |
秋田へ帰省#5: また会う日まで
 本日のブログを書くことは、わたしにとってつらい作業である。なぜなら、2泊3日の帰省で、加藤との約束をすべて果たしてしまったからだ。二中の同期会へ50年ぶりの出席。昭和44年に敢行した「岩館キャンプ地」での仲間と再集結。しかし、同じメンバーと同じ場所にふたたび戻ってくることはむずかしいだろう。いまはその寂寥感に苦しんでいる。
and more...
| Kosuke Ogawa | 17:45 | - | - | pookmark |
秋田へ帰省#4: 二日酔い
 朝の8時。二日酔いでフラフラしている。これから9時半に、加藤と楊がホテルにわたしを迎えに来る。今日は、昭和44年8月2日に8人でキャンプを敢行した岩館海岸に行くことになっている。センチメンタルジャーニー、第二幕だ。
and more...
| Kosuke Ogawa | 09:21 | - | - | pookmark |
秋田へ帰省#3: センチメンタルジャーニー@旧能代高校跡地
 リゾートしらかみ2号「くまげら」は、12時15分に能代駅の3番線ホームに着いた。駅で降りた客は、おばさんとわたしの2人だけ。一番線のホームを離れたばかりのリゾートしらかみ3号の「青池」とすれ違う。加藤くんが改札口で待っていた。純正の秋田弁で、「よぐきだなあ(よく来てくれたね)」と出迎えての第一声。
✳︎本日のブログは、かなり個人的な内容なので、読み飛ばしていただいて結構です。stand by me の世界。
and more...
| Kosuke Ogawa | 13:20 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode