Entry: main  << >>
農水省さん、このようなお金の使い方は、ご勘弁を! 空港に、なぜいま生け花を飾る?
 今朝の週刊ポスト(ネット版)で、「コロナ補正予算の謎事業 空港に生け花、キャンプ場にWi-Fi」という記事(https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-694430/)を見かけた。幸いにも、5月の母の月では、花き業界は江藤農水大臣には大いにお世話になった。しかし、ここで指摘されているお金の使い方は、ちょっと考えものだろう。

 

 615日(本日) 0705分に配信された「NEWSポストセブン」によれば、

 

 「緊急経済対策の事業規模は第1次・第2次補正予算を合わせて総額200兆円超に膨れ上がった。だが、その巨額予算の中には、各省庁がどう見ても不要不急のものを計上している。まさしく、嘘つきは泥棒の始まり──。不透明で不可解なカネ」

 

 この記事の中で、以下のようなお金の使い途(無駄)が避難されていた。いま現在で投入するお金としてはいかがなものか?インバウント客がまったくいないところで、無駄なお金にしかならないだろう。この記事を読んで、コロナ対策のお金のバラマキのひとつが、日本の花きの輸出をねらった施策の例が取り上げられ、たとえば、空港の生け花の展示がやり玉にあげられている。

 花業界としては、毅然としてこの手の補助金は、いま現在では辞退すべきだと思う。もっと必要なお金を自宅や事務所に花を飾るお金に投じてほしい。花の生産者は、海外輸出どころの話ではない。花屋さんも、自宅用の花を販売促進することに苦心している。もっと有効な使い方はあるように思う。残念。

 

 「(前略)農水省は他にも、収束後の観光回復を見越して「公共施設等における花き(観賞用植物)の活用拡大支援事業」に約32億円を注ぎ込む。学校や観光地、駅、空港などに花を飾り、来日観光客らに花の魅力PRする取り組みを支援するという。同省の資料には〈インバウンドを通じた海外需要の喚起により、輸出拡大を目指す〉とあるが、空港の国際線ロビーがガラガラの時に言われても何の説得力もない」(残念なコメントの一部)。

| Kosuke Ogawa | 12:12 | - | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode