Entry: main  << >>
【柴又日誌】 #15:coming soon!
 停電が原因らしいのだが、昨日は、朝から京成線(押上線)の上り電車が不通になった。仕方がないので、金町線で金町駅に出て北千住で乗り換え、つくばエキスプレで秋葉原まで行った。午後2時半から、調査会社のインテージで打ち合わせがあったからだ。そのあと、午後4時からはJFMAで定例の理事会があった。

 

 理事会が終わって、一時間だけイブニングセミナー(懇親会)に顔を出して早めに帰宅しようと思った。夏休みに入って、神戸から孫の紗楽(さら)が遊びに来ている。高砂の家では、孫たち三人が夕飯を食べている。早めに夕食に加わろうと帰宅を急いだ。

 市ヶ谷駅から総武線に乗って浅草橋で降りた。営団地下鉄の浅草線に乗り換え、ホームで下りの電車を待った。ところが、いつまでたっても電車が来ない。午前中の遅延の影響がまだ続いているらしかった。 

 ふと、下りホームの電光掲示板(列車案内表示)をみると、英語でテロップが流れている。"coming soon!"、え??

 ふだんならば、下りの掲示板には「18:56分発 印旛日本医大行」とか、「19:00分発 成田空港行」と表示がされている。電車が大幅に遅れていて、下り電車の到着がいつになるかわからからなのだろう。

 

 このごろは、浅草線でインバウンド客をたくさん見かけるようになった。なので、英語や中国語での表示はごくふつうのことになっている。学校で習った”coming soon”の文字通りの意味は、「(電車は)すぐに来ます!」のはずである。ところが、掲示板の案内とはちがって、下り電車はなかなか来ない。

 そうか!来るはずがないのだ。納得である。”coming soon”は、映画の上映では「近日公開」の意味である。出版業界の用語では、「近刊」の意味で「カミング・スーン」を使用する。しかし、昨日の場合は、「蕎麦屋の出前」なのである。つまり、「なかなか来ませんよ」の意味である。期待しないで、ゆっくりお待ちくださいの意味なのである。

 というわけで、列車が遅延したおかげで、”coming soon”の新しい使用法を覚えてしまった。

  

| Kosuke Ogawa | 08:14 | - | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode