Entry: main  << >>
【予言】はみごとに外れて、菅首相が誕生。無事を祈ります
 昨年の予言は大きく外れた。大胆予言のブログは、「菅官房長官は、総理にはならない。むしろ、なっていはいけない。その理由を述べてみたい、、、」で始まっていた。思いついて記事を書いたのは、2019年4月12日。菅さんが「令和おじさん」になったすぐ後のことだった。

 

 この数日の出来事のすべては、安倍さんの健康状態と派閥の力学がもたらした結果である。あのとき、つぎのようにブログに書いた。「わたしも、本心では菅総理を期待する人間のひとりだが、間違っても菅総理が誕生することはない。推察するに、本人にその気がないからだ」。

 ところが、現実的にはまったく「別の目」が出てしまった。参謀がトップの座に座ることになってしまったからだ。ただし、わたしの予言で、まだ残された選択肢はある。つまり、菅さんが衆議院の解散権を握っているので、にいったんご本人が総理総裁を退任してからあとのことだ。

 「菅さんにはふたつの選択肢が残されている。安倍さんに代わる総理候補を探してくることが第一案。たとえば、小泉進次郎氏とか。あるいは、安倍さんとともに院政を敷きながら、背後から新しい政権をコントロールするかのどちらかでだろう。」(2019年4月12日のブログ記事)。

  

 しかし、いまや菅さんご自身が、最高権力者の自民党総裁=日本国の総理に上り詰めてしまった。それでも、もしかすると、そのあとがあるかもしれない。とはいえ、先がよく見えない時代。コロナの終息を最優先課題に、二番目が構造改革だそうだ。

 わたしが生きている間に、まさか秋田県出身+法政大学卒業の首相が生まれるのは、確率的には1万分の1以下だったろう。その幸運(つき)を活かして、当面は安倍首相の残任期間(約1年)を全うしていただきたい。

 どこかに、「躓きの石」が転がっていないことを祈りたい。昨夜は、めずらしくスマホで、菅さんの首相就任演説を聞いていた。かすかな東北なまりがある。東北出身者以外の皆さんにはわからないだろうが、素朴なアクセントが醸し出す抑制が効いた雰囲気。この時代には、案外と派手さのない抑制がいいのかもしれない。

| Kosuke Ogawa | 09:00 | - | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode