Entry: main  << >>
JFMAの創立から20周年、明日が成人の日
 花業界の横断的な組織「日本フローラルマーケティング協会」(JFMA)を設立してから、明日で20周年を迎える。種苗・生産から卸、花小売業まで、花業界をひとつにまとめる組織を作ったのが2000年5月18日。あれから20年の時間が経過した。しかし、わが国の花の産業はドラスチックには変わっていない。

 

 新型コロナウイルスの感染が広がり、いまは世の中と人々の生活が激変している。去年、実母が89歳でなくなったが、今日の日本を見たら、さぞかし腰を抜かしていただろう。呉服屋の女将は、仕立て屋さんに布マスクを手配していたかもしれないからだ。

 一昨日、花業界のメンバーが結集して、オンラインのシンポジウムを開催した。約150名が全国から参集してくれた。旅費も宿泊費も不要。東京にやって来る時間的な無駄も省ける。

 良いことずくめのセミナー開催だったが、それだけで世の中が動くわけではない。アイデアを実行に移すまでには、時間と労力がかかることに変わりはない。現場のコントロールは、やはり大切なのだ。

  

 本日は、JFMAの20周年記念誌出版のため、書籍の最終校正とJFMAニュース(記念号)に掲載する巻頭言を書いていた。

 ここまで組織をまがりなりにも維持できたのは、会員の皆さんのおかげだと思っている。新しい業界メンバーや提携組織とのコラボレーションも進んでいる。大変革の時代を迎えているはずなのだが、「花恋人」(本社:奈良県)の野田社長曰く、「結局、(コロナが)終わってしまったら元に戻っていただけ」とはならないようにしたいものだ。

 いまが業界が変われる最後のチャンスだと思う。花の流通の仕組みを変えて、品ぞろえや店舗を変えて、自分たちの組織も変えていこう。そうしないと、世の中に完全に置いていかれそうだ。多少なりとも、自分たちの血を流さざるをえないだろう。その覚悟がなれば、いずれに廃業や倒産になるのは間違いない。

 わたしたちの役目は、そのための指針を示すことだろう。リーダーシップが発揮できないトップも、現行のフラワービジネスから撤退を勧告されるだろう。

 

 激しい変革の時代。しかも、毎日の状況は流動的だ。昨日は、新しいライフスタイル(=「ステイホーム」)と言っていたのに、明日からは、別のコンセプトで世の中は回っていく。実に目まぐるしい。気を付けていないと、物事の本質からずれていく。過度にトレンドに敏感になりすぎないこと。物事の本質は案外とシンプルなものだ。

 明日が、JFMA創設20周年の日。JFMAのHPも、新しい「あいさつ文」に切り替わることになっている。 

 

 

 

 

| Kosuke Ogawa | 13:07 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode