Entry: main  << >>
オランダ園芸部門の危機: セリ価格は半値、廃棄が2割
 知り合いのカリスマ農家、久松達央さん(土浦市在住)から、「オランダ園芸部門の危機」についての情報が送られてきた。記事はオランダ語だったので読めない。「読めないです!」と泣きをいれたら、「グーグル翻訳で読んでみては?」との示唆をいただいた。英語の翻訳はやったことがあるが、オランダ語ははじめてだった。

 

 グーグル翻訳ソフトの出来は、60点だろうか? 出来栄えの確認のため、切り花輸入商社の坂本陽子社長(本社:大阪)に、翻訳後の文章をそのまま添削せず送ってみた。「意味はわかります」との返答をいただいた。

 以下の翻訳(日本語)は、あまりにひどい部分(意味不明)に、わたしが手をいれたものである。原文がわからないので、機械翻訳者の意図を想像して、生命を吹き込んだものである。機械はマシンなりのロジックがあるようだ。

 この内容を引用して、先ほど、秋田の地元紙に連載のコラムを書いた。「東京下町柴又発能代着(連載):花が売れない!花産業の危機」『北羽新報』2020年3月号。 

 国内の情報ばかり見ていたら、海外ではとんでもないことが起こっていた。人やモノの移動だけでなく、情報の鎖国にも気をつかないと、井の中の蛙になってしまう。日本人は大丈夫だろうか?

 

 ところで、オランダの花市場では、先週の金曜日には、8000以上の台車が売れ残り、花が廃棄されたといわれている。戦後すぐに起こったチューリップの廃棄(大豊作)以来のことだ。

 YMSの坂本さんによると、「オランダをめがけている南米やアフリカの生産者も、行き場を失って大変のようです。皆が日本を目指したいのですが、フライトのキャンセルでスペースが取れません。弊社のエチオピアの生産者は、オランダの市場で一本1-5セントしか値がつかないとボヤいています」(本日の午前中のメール)。

 欧州では、ケニアのバラ生産者などは注文がキャンセルになったようだ。以下の記事で、これが”25%の門前払い”の意味だとわたしは解釈している。

 坂本さんからの追加のメールには、「ヨーロッパ全土で、かなり安くして買ってくれと言っています。ヨーロッパもアメリカもマーケットも総崩れです」とあった。日本も厳しいけれど、オランダやケニアは、その国の多くの人が「花で」食べています。国としても深刻さがちがいます。

  

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「オランダの園芸部門は転倒の危険にさらされています」
 レムコ・ファン・デル・メイ氏
 2020年3月16日午前10時30分配信
 
「オランダの園芸部門は、コロナ危機により大きな打撃を受けました。政府と銀行からの緊急融資がなければ、多くの企業は数週間以内に破産するでしょう」とロイヤル・フローラホランド(オランダ花市場)のスティーブン・ファンシルフガード(Van Schilfgaarde)総局長は説明します。
 需要の減少により、Royal Flora Holland(オランダの花市場)は、劇的な低価格を経験しています。11週目に(3月に入って)、セリ時計の価格はマイナス50%に下落しています。オークションの入荷量の25%が、セリにかけられずに売り先を失っています。
 これは、100年以上の歴史を持つ協同組合で、これほどまでに起こったことがない事態です。多くの生産者と商社が存続の危機に瀕しています。「市場の状況は劇的です」とファンシルフガード氏は言います。
 
 <2割が廃棄に回る>
 過去2週間で、価格は通常より最大50%低くなっています。先週の金曜日には、花の供給量の20%が廃棄されています。買い手がつかないためです。今後の数週間の予想は、さらに悪化しています。「この期間中の通常の売上高は、週に1億5000万から2億ユーロ(約300億円)です。今回の危機は、最悪の時に起こりました」と、ゼネラルディレクターは説明しています。
  
 <生産者はODEの増加を恐れる>
 2週間も経たないうちに、ODE税を伴うエネルギー法案の増加も、生産者の間では問題になりそうです。「その後、支払いの問題が深刻になります。政府や銀行からの緊急融資やその他の形態での財政的支援がなければ、企業はまもなく崩壊するでしょう」。
 
 <コロナ危機は、花栽培部門で大虐殺を引き起こす>
 オランダ最大の協同組合の経営陣は、早急な行動を求めています。「手遅れになる前に業界全体で行動を提唱しています。本当に数分から12分です」。花き栽培は、オランダで3番目に大きい輸出部門です。スキポールの主要港とロッテルダム港に加えて、オランダは花き栽培の国際的なハブの役割を果たしています。オランダは世界の輸出の35%を提供しています」。
 
 <輸出を維持する>
 花と植物の輸出額は62億ユーロ(約9000億円)です。150,000人が花き栽培および関連サービスプロバイダーで働いています。花き栽培は、鮮度が重要な製品です。それゆえ、独自の地位を占めています。その後のマーケティングのために花を在庫しておくことができません。
 オランダのフローラ・ホランド花市場は、花栽培の輸出をできるだけ長く維持することを提唱しています。この部門は、花や植物の輸出によって推進されています。これは総売上高70億ユーロに対して62億ユーロになります。
 輸出が消えてしまえば、多くの花き生産会社にとって支援が終了してしまいます 。によると、Royal Flora Hollandは生産者の協同組合として、生産者と商社の支援に取り組んでいますが、「このセクターにはこの危機に対処するためのリソースがありません」と述べています。
| Kosuke Ogawa | 12:32 | - | - | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode