Entry: main  << >>
【テーマ討議3】 「日本農業の未来をデザインする」(2017年マーケティング論)
 昨年度に続いて、マーケティング論の【テーマ討議3】は、「日本の農業の未来をどのようにデザインすべきか?」である。グループで議論する課題は、農業の未来設計である。サブ質問は設定しない。農業の未来を制度設計してもらいたい。討論のためのデータは、授業時間に配布する。

 

 データの要約は、つぎのようになる。参考まで、、、図表は木曜日に配布する。

 

<要約>

 生産、流通、輸入、消費の長期趨勢から見て、野菜は供給量が減り、価格は上がっていく可能性がある。

現在、農業従事者の6割が60歳以上、特に「基幹的」農業従事者では、すでに約8割が60代以上で、 5年程度で生産に大きな影響が出るのではないか?気候変動や異常気象の影響を除いても、調達はもっとたいへんになるのでは?

 

<国内生産>下落、輸入で補って供給は 横ばい

・生産者は40年で4分の1に(1976—2016年)

離農率を試算すると、 年 5.5%(2011-16年平均)、新規就農率 1.4%

・6割が60歳以上

基幹的従事者では、2014年段階で78%が60代以上、増えている層は75歳以上だけ

(85歳以上も増えている)

・新規就農者も、実は 半数が60代以上(団塊世代の引退の影響か?)

・米麦豆畜産農家は急減、野菜農家も10年で13〜15%減

 

・農家減少に伴い、1戸あたり で養っている人口数は増加する

2016年現在、人口比で試算してみると

露地野菜で 980人(14% 増=2006ー16年比)

   施設野菜1760 人(32% 増)、 酪農 8300 人(49% 増)

 

<流通>卸売数量横ばい、価格は卸売も輸入も上昇傾向

・卸売数量は価格は、波があるが、近年は価格が上がっている

2015年は、野菜の卸売価格がキロ当たり220円で、過去最高になった

・輸入価格も 上昇している

2000年→2015年(貿易統計)で、 野菜合計(キロ当り円)は131 円から176 円に

 

<消費>微増、品目によっては大きく伸びる

・1人当たり野菜消費は、近年 微増か(外食中食は未調査のため不明)

・白菜、大根など 重量野菜は減る一方、レタスやニンジンは、長期的に増加

 データではまだ見えにくいが、おそらくトマトもここ数年で増えているのでは?

  

 

| Kosuke Ogawa | 07:24 | - | - | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode