Entry: main  << >>
JFMA欧州視察ツアー: 帰国後のまとめ 
 本日の早朝に、JALのシャルルドゴール(パリ)ー羽田(東京)行きの直行便で、東京国際空港(羽田)に降り立ちました。ポーランドに負けず劣らず、日本も寒いです。羽田は便利です。わたしは家に直行です。時差ボケに取れない状態ですが、欧州視察のまとめを書いておきます。


 この後に貼り付ける「お手紙」は、ウエスティン(ワルシャワ)の便せんに、モンブランの黒の万年筆で殴り書きしたものです。ツアー参加者の方へのメッセージです。ホテルの受付で、コピーを7部作ってもらいました。
 例年だと、最後のレストランで、皆さんと反省会をやります。恒例のミーティングができなかったのは、隣の席に座ったポーランド人達のせいです。10人ほどのグループが、ウオッカとコーラで大いに盛り上ってしまい、とても静かな環境で会話ができる状態にありませんでした。
 その代わりに、ショパン空港へ向かう送迎のバスに乗り込む前に、皆さんにわたしから直接にお渡ししました。参加のかたひとりずつに伝言が入っています。これは、とてもめずらしいことです。


<2012年JFMA欧州ツアーに参加された皆様へ>

 暖冬のパリから極寒のポーランド・ワルシャワまで、短い間でしたが、JFMAのツアーに参加していただき、ありがとうございました。お疲れ様です。
 最後に感想を述べる時間が無く、自由解散となりそうですので、団長とてのメッセージを残しておきたいと思います。

 わたしがツアーで感じたことは、以下の通りです。

(1) 欧州経済危機の中で、二つのことが進行しています。
 豊かな社会の中での貧富の格差拡大と、社会保障/高齢化からの重圧です。その結果、花店(チェーン)も、二極化していました。一本20円のチューリップを売るディスカウンターと、一本200円のバラを売り続ける専門店。

(2) 欧州では、どこの国でも花を買う男性を見かけました。
 やはり、切花も鉢物もですが、男が花を買う習慣が花産業を支えています。日本もそうなって欲しいと思います。

(3) 欧州切花市場を支えているのは、低コストで大量入荷してくる輸入花であるという現実。
 ケニア・エチオピアからの花も二通りでした。40cm以下の短茎のものと、70cmする大輪のバラ。どちらも成り立っており、売れています。しかし、冬のせいか、花にバラエティがあるわけではありませんでした。日本の多様性と季節訴求はうれしいことです。風土と気候に感謝です。日本人として、どのような仕組みを作るか。

(4) 商品の品質があがっていました。
 典型的な姿は、ドイツのアルディ(Aldi)でした。一般のPB商品も、切り花の品質も向上しています。安くてもそこそこの商品が流通していました。日本の未来の姿は、これとはちょっと違うかもしれません。

(5) 日本文化の浸透度が高いことに驚きます。
 (日本といえば、いまや)すし文化にマンガ。SONY/PANASONIC/TOYOTAの時代は終わりかけているようです。韓国が日本の後を追っているのがよくわかりました。

 なお、ドイツの教育水準の低下には、考えさせられました(他人のことながら、40位を切ってしまっているドイツの学力低下が心配です)。明日の日本も、「移民政策」次第かもしれません。



 皆さんに最後のメッセージを一言ずつ。(2012年1月27日現地にて)
・佐々木さんご夫妻へ
 いつもツアーに参加していただきありがとうございます。75才を過ぎても元気な姿、先輩として模範です。飯田(「花はん」の本店所在地)にいつか遊びに行きます。よろしく!

・ウォッカ田口さん/ウォッカ斉藤さんへ(小田急組)
 無事お帰りになられたら、アクアレルの仕組みを日本で実現してください。インパックさんやクリザールさんと協力を!

・村田さんへ(サントリーフラワーズから参加)
 サントリーの花が、どこか欧州でも入り込めたらと思います。企画、頑張って下さい。

・平田さんへ(敷津花壇さん)
 また、花屋さんを始めて下さいよ!(二店舗、昨年閉めてしまいました)。いつもながら、JFMAツアーへ参加ありがとうございます。歯をしっかり治して下さい。(*帰国後に治療に行くそうです)

・海下さん(クリザール)
 ツアー企画、ご苦労様です。ツアーの成立を心配していましたが、どうにか来れました。ポーランドの観光良かったです。食事も!

・松島さんへ(MPS社長)
 オランダを回ると思いますが、デグルートとの交渉よろしく!

| Kosuke Ogawa | 18:07 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode