Entry: main  << >>
5ミリの厚さの羊羹を食べるストイックさ(瀬古さんを見直しました!)
 マラソンや駅伝の解説にしばしば登場する瀬古利彦さん。元オリンピック選手で早稲田大学の陸上部選手。SB駅伝部で監督を務め、いまはオリンピックのマラソン強化部長として活躍している。アールビース主催の「トークセッション」(@渋谷セルリアンタワー)でお目にかかることもある。しかし、解説者としては疑問符が付く人であった。

 ところが、ノンフィクション作家の田崎健太さんが書いたエッセイ(*文章を添付)を読んで、彼を見直すことになった。やはり一流の人がちがうものだ。テレビでのうるさい喋りは別としてだが。

 わたしの走りに決定的に不足しているのは、我慢することだった。瀬古さんのインタビュー記事を読んで、改めてそのことに気づいた。わかってはいるが、本質を理解していなかった。マラソンとは、調子がよくて先に行きたくても、行ってはならないストイックさが大切な競技なのだった。

 速く走ることを目指しているだけでは、結果として速くはなれない。ペース配分が大切なことを頭ではわかっていても、実際のレース場面では、周囲の流れと自分の都合に引きずられて先に行ってしまう。忍耐は必要だが、ほとんどのランナーはその本質が理解できていない。

 それができるのが、超一流のランナーなのだった。

 

 瀬古さんの言葉。「マラソンランナーというのは普段から自分を抑える練習をしなければならない。食欲、性欲もそう。私は食事制限とか得意だもの。腹減っているけど我慢する。食べ物が目の前にあっても食べない」

 強烈な物言いだ。わたしにはできないことだ。瀬古さんは自信をもって、「腹が減っても食べない我慢ができる」と言い放つ。ここがランナーとしての心構えのちがいだ。その確実な積み上げが、レースでは良い結果をもたらしてきたのだろう。

 しかし、先日の箱根駅伝を見ていると、いまの若い選手たちは、タスキを受けるとどんどん先に行っている。それでいて、後半10KMにさしかかってもペースが落ちない。どうしてそれができるのだろう。田崎さんのインタビュー記事を読んで疑問に思ったのはその点である。

 瀬古さんの世代といまの若者ランナーの間に、なにか大きな断絶があるような気がする。肉体的な鍛え方と、精神的なものとが分離できているのでは?答えは、青学の原監督が持っているのかもしれない。今後は注意して、原監督の発言をチェックしてみることにしよう。

 

 それにしても、新春からブログでマラソン談義が多いのは、走りに集中できているからだろう。来週から、公式レース復帰になる。1月19日(日曜日)は、赤羽ハーフと高槻ハーフにダブルエントリーしている。走れるのはどちらかだけ。もし、誰かにどちらかのレースを走ってもらったら、記録上はどのような扱いになるのだろう。

 ひとりの人間が、同じ時間にふたつのレースをはしっていることになるのだが。最後に、話が違う方向にそれてしまった。田崎さんの記事で、瀬古さんの心の在り方を見直すことになった。  

  

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <参考>
 (前略)
 1センチの羊かんを5ミリの厚さに切れるか
 文・ 田崎 健太(たざき・けんた) ノンフィクション作家
 
 この年の12月に福岡国際マラソンが行われている。瀬古が意識したのは、5キロを15分から16分で走り続けることだった。
 「(併走している車に設置されている)電光掲示板を見て、何分で走っているというのを計算するんです。ランナーズハイになると苦しくないから、もっと速く走ることができる。でも、絶対に行っちゃいけないって、我慢する。行きたいけれど、行っちゃいけない。それが苦しいんです。マラソンには辛さを我慢すること、そしてもう1つ、自分を抑えつける我慢。2つの我慢がある。行けるのに行かないという我慢の方が辛(つら)い」
 この二度目のマラソンは2時間15分0秒で5位に食い込んでいる。翌78年12月の同じ福岡国際マラソン、2時間10分21秒で優勝。瀬古は日本陸上界に現れた新星として認められることになった。
 その過程で瀬古は自らの適性に気がついた。
 それは我慢する能力である。
 「マラソンランナーというのは普段から自分を抑える練習をしなければならない。食欲、性欲もそう。私は食事制限とか得意だもの。腹減っているけど我慢する。食べ物が目の前にあっても食べない。例えば羊かんを1センチ(の厚さに切って)食べようとするじゃないですか。でもそこで5ミリしか食べない」
 つまり、頭の中で1センチの羊かんを食べると想像しながら、そこでわざと半分である5ミリの厚さに切ることができるか、である。
 「そういう我慢ができる人じゃないと、マラソンのコントロールはできないんです。マラソンって誰でもできる競技じゃない。もちろん肉体的、運動能力的にできるかできないかというのもある。それに加えて心が大切」
 瀬古はそういうと胸をどんと音が聞こえそうな勢いで叩いた。
 「筋肉と心、2つがないとマラソンランナーにはなれないんです」
| Kosuke Ogawa | 07:52 | - | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode