Entry: main  << >>
トラスコ中山・プラネット埼玉 ゼミ生と物流センターの見学に
 物流センターの見学は何年ぶりになるだろう。工場や物流センターの見学をよくした時期があった。西友の物流センター(西東京)、幸楽苑(福島県郡山市)と日高屋(埼玉県)、ロック・フィールド(静岡県磐田市)のサラダ工場を夏合宿のついでに見学させていただいた。本日は、トラスコ中山の埼玉にある物流センターを見学する。

 

 フィールドワークで、今年度はトラスコ中山(新規、B2B商品開発)と取り組みがはじまっている。その他の3社は、ストライプ・インターナショナル(継続、今年度はメゾンドフルール事業部)、福島屋(新規、秋葉原店と六本木店)、レッグス(コラボカフェの事業開発)。

 トラスコ中山は、ずいぶんと昔に東京西地区(座間)にある物流センターをみせていただいたことがある。「どうせなら、物流センターを見せてほしい」とマーケティング部長の土屋くん(元ゼミ生)に依頼したところ、本日の見学会となった。駅からは遠いので、マイクロバスとタクシーの分乗になる。

 視察は14時半〜二時間ほど。東武線の幸手駅に14時集合になっていた(集合時間を一時間まちがえていた。ヘアカットを明日に延期)。服装はラフな格好で、倉庫内を歩くことになりそうなので、スニーカーなど歩きやすい靴で来場とのこと。

 

 考えてみると、工場見学や物流センターのある場所は、埼玉県が多いことに気が付く。その昔は、すかいらーくのCK(千葉県船橋市)、オリジン東秀(買収前)のCKは上野原(神奈川県)にあった。いずれにせよ、物流基地や食品製造工場などは、圏央道の周辺にあるという共通点がある。物流の結節点にあるのはまちがいない。

 時間があれば、訪問記をアップしてみたいが、さて20年後の物流はどんなふうに変わっているだろうか? 

 

 

 

 

| Kosuke Ogawa | 11:37 | - | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode