Entry: main  << >>
ヴァーチャル・マラソン(TATTA:10KM)を走った感想、、、
 昨日、2回目のTATTAマラソン(今回は!10KM)を走ってみました。「TATTAマラソン」とは、『月刊ランナーズ』を発行している「(株)アールビーズ」が、毎週末に実施しているヴァーチャルマラソン大会です。今月からは、ゴールの場所を特定する新バージョンも登場していますが、指定された大会の当日に、自分の好きな場所を設定して、好きな時間帯(スタート時刻が自由)で走るレースです。
  
 もともと開発の経緯はちがうようですが、コロナ禍でランナーが大会を走れないので、一躍脚光を浴びることになったレース形態です。わたしのような怠け者のランナーは、大会の目標がなくなると、がぜん練習距離も減ってしまいます。わたしは、救世主のようにTATTAの大会を利用しています。
 昨日(7月4日)は、いつも練習で走っている自宅(葛飾区高砂)から江戸川の土手までの往復をコースに選んで、ちょうど10KMを走り切りました。これで、6月の第一回に続いて、2回目の参加になります。
  
 TATTAマラソンの二回目を走ってみた感想です。
 基本的に、この三か月間、ジョギングの練習が不足しています。なので、タイムはひどいものになることは事前にわかっていました。それにしても、3回も途中で休憩した上に、ゴールタイムが生涯の10KMレースでは、最悪の59分54秒でした。次回(来週)は頑張ります!
 二番目はレースについての感想です。
 わたしはスマホ(iPhone)をもって走っているので、この方式については 、二重の意味で改善が必要かと思いました。
 .好泪曚重たいことと、▲好泪曚世帆 作性が劣ること。ソフトだけでは補えない「ハード的な改善」が必要だと感じました。  そのほか、ソフトを開発された方はお気づきかと思いますが、このレースを発案した橋本社長が目指されて いる「新しいTATTAマラソンの世界」に、ソフトウエアの機能が追い付いていないとも感じます。
 きっと、ソフトウエアとハードの機能が改善できれば、もっと楽しくワクワクするようなレースになるように思います。
 実際にスマホをもって(ポーチに抱えて)走ってみると、操作性が悪いことが気になります。また、ひとりでレースを走るので、なんらかの楽しめる機能を追加してほしいとも思います。というのは、ヴァーチャルなレースを走っているランナーはかなりな程度孤独です。
 タイムや標高差だけでなく、マラソンの「プ ログラム」とスマホが連動できていると”孤独なランナー”から脱することができます。キーワードは、 屮錺ワク感の醸成」と、△燭辰燭劼箸蠅覗る「ランナーの孤独さ」を補う価値提供(効用)だと思いました。
 来週も、59分を超えることを目指して頑張ります。せめて、55分台では完走してみたいですね。
| Kosuke Ogawa | 10:01 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode