Entry: main  << >>
【総括】 5月は「母の月」のキャンペーン、中間のまとめ(+新たな提案)
 本日、開催される「臨時オンラインフラワーサミット」の第一部で、最初のスピーカーがわたし(小川)になっています(本日のブログ記事参照)。このキャンペーン提案は、そもそもが小川個人の「提案:ブログ記事(4月12日)」が発端でした。そこで、今回のキャンペーンの中間報告をわたしから最初に話すことになります。

 

 以下は、「花の国日本」のプロモーション推進担当(事務局)の小川典子さんに送ったメモです。

 わたしのスピーチで、中間の総括として、話す内容になっています。

 ひとりの持ち時間が5分間しかありません。事前に、スピーチの内容をまとめて送りました。

  

1. なぜここまで「母の月キャンペーン」が成功できたのか?
 これからのためにも、その要因を簡単に説明します。
 .ールジャパンで動けたこと、
 業界の危機に際して農水省の協力が得られたこと、
 5月を「母の月」とするコンセプトが、今の社会に受け入れやすかったこと、
 い修硫蔀呂箸靴董10年間のフラワーバレンタインの経験と人的な蓄積があったこと。
 「母の月」推進チームの努力と花業界全体からの支援に感謝したい。
 しかし、コロナ対策と同様に、プロモーションの本番はこれからやって来る。
 なぜなら、消費者の「意識を変える」だけでは充分ではなく、
 消費者の「購買・消費行動」を変えることが大切だから。
 
2.今後の課題
 )寨菘には、「ホームユース」(家庭でお花を!)の市場を作ることが目標,
 花の良さや楽しみ方をアピールをすることが大切、
  そのためには、
 B召龍伴錣箸離灰薀椒譟璽轡腑鵑この先の運動の鍵になる。
  小売業(コンビニ、アパレル、ホームセンター、スーパー)、
  外食、中食(デリカ)、飲料メーカー、食品メーカーなど。
 
 っ羇的な活動の中心に、
 「生活の中に花や(○○)を楽しむ」ということ”コラボコンセプト”を据える
 具体的には、"May is Mother's Month"(5月は「母の月」)を維持しつつも、
 これまでの、"stay home with flowers"のコピーを若干変更して、
 コアコンセプトを  "enjoy home with flowers"に切り替えていく。
 
 ハ携の方法論としては、
  わたしたちの新しいコピーに、関連業界のプロダクトを組み入れる(コラボコンセプト)。
 例えば、   

   "enjoy home with flowers and sweets"

   "enjoy home with flowers and cafe"
     "enjoy home with flowers and wine"
   など。
 
| Kosuke Ogawa | 07:41 | - | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
値づけについて、豊富な事例を収録。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode