Entry: main  << >>
フードロス削減と鮮度保持に、AI技術を活用: オランダと米国の取り組み
 新しい情報の入手には偶然が重なるものだ。先週は、園芸メルマガ(hortibiz)に、オランダ政府主導の「フードロス削減プロジェクト」の記事が出ていた。そして先々週は、会津の花農家、菅家さんから、ウォルマートが「AIを駆使して鮮度管理(生鮮品のトラッキング)の記事が転送されてきた。

 

 菅家博昭さんからの記事(アメリカ流通eニュースVol.22,No.11)には、「今朝配信。極めて興味深い」(3月16日)というリードがついていた。有料メルマガなので、すべてコピーすると違法になる。簡単に解説しながら、記事を部分的に引用させていただくことにする。
 
 「ウォルマートによる生鮮廃棄を削減するAI技術」
 ウォルマートはこの決算発表の直後に非常に興味深い技術の導入についてわざわざリリースして周知している。生鮮の鮮度管理でAIを使い成功しているという話なのである。

 名称はエデン。産地から棚までの生鮮の状況をモニターし管理するAI技術である。すでに配送センター43ヶ所に実装を終え、昨年の導入から8,600万ドル分の廃棄および関連コストを削減し、今後5年間で20億ドル分の節約を目標にしているという。年間にすると4億ドル、1ドル100円換算で4,000億円分もの効率化である。

  (中略)

 資料を元にシステムの特徴を列記してみる。
・USDAと社内スタンダードによる商品スペックを基本としてアルゴリズムを作り、数百万枚にのぼる商品のデジタルイメージを投入し、自動で鮮度を判断するAI(具体的にはマシーンラーニング)を開発した。
・パテントを2つ申請している。
・産地から棚までのサプライチェーン上のあらゆるタッチポイントで温度や鮮度をセンサーでモニターしデータ化する。
・専用アプリを開発、作業員はアプリを使って作業する。また作業員は商品のデジタルイメージをタッチポイントで撮影しデータとして投稿する。
・最終的には全パレットにセンサーをつけてパレットの位置を把握しデータ化する。

 

*<コメント>

 年商50兆円(売上高4858億ドル、営業利益227億ドル:2017年1月期)の小売業が、年間4000億円のフードロス削減に成功したら。営業利益の約2%に相当する金額。ウォルマートの営業利益率は4.6%、日本の小売業の標準的な営業利益率は2%〜3%。だとすると、小さいながら、利益への貢献は小さくない。

 レポートを書いた流通アナリストは、結論部分に、「本格化するデータバトルと取り残される日本」と書いている。かなり悲観的な見通しだが、わたしはそうは思わない。ローソンなどが、フードロスを削減するために、サプライチェーンを最適化する仕組みを開発している。

 その派生的な測定方法とAI(データ分析技術)に、ウォルマート流の画像分析ツールを応用すれば、日本企業でも同じことが可能になる。「生鮮商品の産地から棚上までの日持ち日数を予測し、産地から棚までの商品フローにプライオリティを付け、予測に従って商品フローをダイナミックに変更しながら最適化し、廃棄ロスを最大限に減らす」(記事からの引用)。理屈の上では、そんなに難しいロジックではない。


 
 もうひとつは、園芸メルマガ(hortibiz)の記事である。こちらは、オランダ発のフードロス削減の取り組み。オランダ政府とワーへニンゲン大学と民間企業(オランダ・マクドナルド!など25社)がプロジェクトに参加している(オリジナルのニュースリリースは、03/27/2018 - Wageningen University & Research

 記事のタイトルは、「フードロスを半減するためのオランダの取り組み」(Dutch agenda aims to cut food waste by half)。

「フードロス削減のために連携を!」( ‘United against food waste’ )というスローガンの下、タスクフォースが組織された。現状、世界で供給される食料の3分の一が、消費されずに捨てられている。活動目標は、2030年までにフードロスを半減させること(対2015年比)。この目標を実現させるため、オランダ農務省がこの先4年間で、総額700万ユーロ(約100億円)をフードロス削減のための技術革新や研究開発、調査や教育に投じることを決めている。

 

 この活動は、国連が提唱している「SDG’s」(持続可能な社会を実現するための開発目標)に呼応したものである。環境保護と未来の食料の確保、貧困との闘いなどと深く関連する重要な課題である。世界有数の農業国でもあるオランダ政府として、世界に先駆けて、食品廃棄の問題に取り組む意思の表明である。

 その中核的な活動を、ニュースリリースの元であるワーへニンゲン大学が担っている。アカデミズムが現実の問題に、これだけコミットできるオランダの国情をうらやましいく!そう思う研究者は、わたしだけだろうか?

 日本でも、フードロスと環境負荷の低減に向けて、食品廃棄問題にもっと真剣に取り組むべきだと思う。

 

 以下に、メルマガの記事を引用する。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Dutch agenda aims to cut food waste by half

A new initiative called ‘United against food waste’ was recently launched in the Netherlands. The originator is the Task Force Circular Economy in Food, which consists of a large number of companies, research institutes, civil society organisations and government bodies. The task force aims to reduce food waste in the Netherlands by half in 2030 compared to the 2015 figure. The Dutch Ministry of Agriculture, Nature and Food Quality will provide a total of seven million euros over the coming four years to support this objective via investments in innovation, research, monitoring and education.
“Huge amounts of food are being wasted. This is especially serious when you consider how widespread poverty remains around the world, even in the Netherlands. There are places where people go to bed hungry. We need to learn how to better manage foodstuffs and the raw materials, labour and energy required for their production and transportation. There are opportunities in this process for many new and innovative ideas and initiatives. Less waste would also allow a significant reduction in CO2 emissions while saving money. In short, it would be good for the environment as well as the finances,” says Carola Schouten, Minister of Agriculture, Nature and Food Quality.

 

AGENDA AGAINST FOOD WASTE
In recent months, the Circular Economy in Food Task Force has put together a national agenda against food waste that consists of goals reaching all the way until 2030. And the agenda is truly ambitious. At present, a third of the food prepared across the world is wasted. The task force aims to halve this proportion in the Netherlands by 2030. This will boost the country’s pioneering ambition to become the first in Europe to meet Target 12.3 of the United Nations’ Sustainable Development Goals (which calls on all nations to halve food waste and reduce food loss by 2030).
To achieve this goal, a large number of companies, NGOs, research institutes and government bodies have formed a coalition. Together, they will undertake a number of actions and initiatives to structurally reduce waste from farm to fork in the coming years. More companies will be approached to join in order to maximise the impact of the task force.
“The members of the task force have worked hard over the past year to give concrete shape to their ambitions and approach. We can be proud of our integrative agenda, with a wide range of partners already forming new partnerships, launching interesting initiatives and achieving real results. The task force shows that, if we all build together, with companies at the helm, it is possible to develop an ecosystem of solutions that will generate economic, environmental and social progress towards achieving the transition to a better and more circular food system,” says Toine Timmermans of Wageningen University & Research.

 

SUPPORT FROM MINISTER SCHOUTEN
The Minister of Agriculture, Nature and Food Quality Carola Schouten has announced financial support for the task force. This will be used for monitoring, research, innovation & business cases, campaigning and creating an inventory of laws & regulations.

 

ABOUT THE TASK FORCE
The Circular Economy in Food Task Force has 25 members, including Rabobank, the Ministry of Agriculture, Nature & Food Quality, McDonald's Netherlands, Voedingscentrum, Hutten Catering, Protix and Wageningen University & Research. While the theme of food waste has long been on the political agenda, this is the first time that such a large-scale partnership covering the entire food chain has been formed, and with such major ambitions.

 

COLLECTIVE INITIATIVE
To demonstrate the actions that the members of the task force are undertaking, they have launched a collective initiative entitled Samen tegen voedselverspilling (‘United against Food Waste’).

Click here to watch a related video.


Photo credit: Samen tegen voedselverspilling

03/27/2018 - Wageningen University & Research

 

 

| Kosuke Ogawa | 10:10 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode