Entry: main  << >>
桐生市堀マラソン完走、東京マラソンまでの最終調整完了
 完走タイムは、1時間57分27秒。8年前(2009年)は、1時間43分台で走れていたから、ずいぶんと遅くなったものだ。それでも、二時間がかろうじて切れている。一昨日は、房総でいすみ鉄道に乗って、近くの農家さんで菜の花を摘んだ後、ルートインがある足利まで車で4時間。

 

 湾岸道路から東北自動車へ乗り継ぐも、道々、高速道路が渋滞のため、ホテル到着は夜の9時過ぎに。翌日は朝9時にハーフマラソンがスタートするのに、夕食は9時半過ぎになってしまった。

 それでも、フロントの女性から、「美味しい居酒屋があります」と勧められ、足利駅前の「一蔵」へ。前日はお酒を抜いていたので、つい気が緩んでしまったらしい。生ビールに始まり、地元の日本酒で「姿」を一合。つまみは、海鮮サラダ、コロッケ、いわしのなめろう。あとは、角ハイボールを二杯まで一気に。

 

 わずか1時間半の夕食。ほろ酔い機嫌で、歩いて2分のところにあるホテルに帰還。ところが、部屋に入ろうとして、ない!のです。ルームキーが見当たらない。ジーンズのポケットを探っても、コートのポケットにもどこにも、ルームキーは見つからず。

 やはり罰金か? フロントの男性からは、「3000円の補償金をいただきます」と宣告されました。しかたなく、財布から3千円をフロントにおいて、その男性に連れ添ってもらい604号室に。

 シャワーも浴びている時間などはない。ベッドから友人の何人かに、オーガニックトレイン企画の報告をメールでして沈没。就寝時間は推定12時ごろ。よく覚えていない。

 

 翌朝は、桐生市堀マラソンを走るため、足利から20分先の桐生まで車を運転せねばならない。朝6時に起き上って、シャワーを浴びる。部屋でランニング姿に着替えてから、一階まで降りてホテル併設のレストランへ。7時ごろには、簡単に食事を終える。

 予想外に美味しい食事だった。足利は、「ソースかつ丼」の発祥の地だけあって、飯がうまい! 気分が上がったところで、カバンをもってフロントへ。精算してもらおうと声をかけたら、昨日とは違うフロントの男性が、笑顔でわたしをお出迎えしてくれる。

 なんか雰囲気がちがう。そのフロントマンは、「お部屋のキー、先ほど、地元の女子高生が届けてくださいましたよ」とにこやかに。どうやら、行きか帰り路で、ルームキーを道端に落としてきたらしい。女子高生に感謝!

 ともかく、気持ちよく堀マラソンを走れたのは、ルームキーをホテルまで届けて女子高生のおかげだったかもしれない。タイムはたいしてよくはないが、後半を崩れることなく完走できた。これで、10年連続出場をしている東京マラソンの調整が完了。

 夕方4時からは、スポーツジムで、山縣先生に一時間たっぷりとマッサージをしていただいた。坐骨がやられているらしいが、なんとかはなるだろう。

| Kosuke Ogawa | 13:55 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode