Entry: main  << >>
【書評】 夏井睦(2013)『炭水化物が人類を滅ぼす:糖質制限からみた生命の科学』光文社新書(★★★★)

NEW!少し前にブームを巻き起こした「糖質カット」の指南書。わたしと同じ秋田県出身のお医者さんが書いた本で、ベストセラーになった。いまごろ遅れて読んでいるのは、有機農業と植物由来の食材について推奨する『植物の時代』という本を準備しているからだ。

 

 同郷だからではないが、夏井さんは、なかなかの知恵者だ。IQがかなり高いことがわかる。論理展開が抜群で、しかも自分の体重が糖質カットによって10KG以上減少したという証拠もついている。説得力のあるウエイトコントロールの指南書だ。

 「カロリー数のまやかし」「糖尿病医療にみる不都合な真実」

 わたし自身も、知らないうちに、この間ずっと糖質制限をしていたことに気がついた。朝は食べずに抜くか、おにぎり一個。昼はふつうにお弁当(米食)かランチ(中華麺かパスタ類)を食べているが、ここ20年間は、夜はお米もパンも摂取しない。

 例外は、フルマラソンが近づいてきた前後の1週間のみ。夏井さんによれば、カーボローディングのために、炭水化物を摂る必要がなさそうだ。そうはいっても、フルマラソンのためには、炭水化物なしには馬力が出なくなりそうだが。今週の千葉パークマラソンのハーフで人体実験をしてみよう。

 

 実際に炭水化物なしに、脂質とタンパク質を中心に食事を組み立てて体重は落ちるだろう。わたしの経験でもその通りである。しかし、問題は次のようになる。人類が炭水化物の甘さの誘惑を振り払って、脂質とタンパク質を摂取して、穀物類に汚染された世界が本当に経済的に成り立つのだろうか?

 地球の健康と効率の問題がその先には横たわっている。人間の体はより軽くなるだろうが、小麦とコメとジャガイモとトウモロコシで成り立っているフードビジネスを、大豆と海藻と一部のタンパク源で置き換えることが可能かどうか。地球の生命循環にかなっているのか?農業と食品産業に関する近年の議論では、畜産業は、基本的に持続可能ではない。

 となると、脂質はコーンから、タンパク質は大豆由来でとなる。その他の植物に抽出手段があるかもしれない。

 

 さて、本日は200頁まで読み終えている。この先に、「察‥質から見た農耕と起源」が待ち受けている。この章を終えてから、ふたたび、農業問題と糖質制限について、考察してみたい。

 どことなく「眉唾な論理」が本書には潜んでいる直観がしている。もちろん個人的には、甘いものから離れる傾向がある「肉食獣」なので、本書のロジックは私には都合がよいのだが。

| Kosuke Ogawa | 11:00 | - | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode