Entry: main  << >>
ローソン弁当工場の視察取材@伊丹空港近く

NEW!本日(11月7日)午後13時から、ローソンの弁当工場を視察することになった。竹増社長とのインタビューの中で、京都のオーナー(四方田さん)とのインタビューが決まっていたが、話のついでに、おにぎりの自動化工場を視察することになっていた。

 

 弁当の工場は、伊丹空港そばにあるらしい。会社名は、「日本クッカリー伊丹工場」。住所をみると、伊丹港空港の近くだ。兵庫県伊丹市北伊丹8-204。いつもは新幹線で品川から新大阪まで出るのだが、今日に限って飛行機にした。

 見学するのは、おにぎりの製造ライン。広報部の杉原さんからのメールでは、「すべてが機械化された工場で、ぜひ見学いただきたいと思っております。当日は商品部の担当者も同席いたします」となっている。

 そもそもコンビニの弁当の製造ラインを見るのはじめてだ。すかいらーくやオリジン弁当のCK(セントラルキッチン)、幸楽苑や日高屋のラーメン製造ラインは、学生たちを引き連れて何度か見学したことがある。工場見学は大好きだ。おもしろい。

 

 伊丹で工場の見学がおわったら、そのまま在来線で京都に移動する。夕方18時からは、ローソンの四方田オーナーとの会食になる。もちろんインタビューのためだが、今回も、嵯峨嵐山の「おばんざいの店:いのうえ」につづいて、「ビブグルマンの店:次郎」にあたった。

 時間があれば、娘の知海もここに参加する予定になっている。

 京都は紅葉の季節。東京下町も、朝晩が冷え込む。冬が近づいている。寒くなってきた。

 

| Kosuke Ogawa | 08:01 | - | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode