Entry: main  << >>
エディブルフラワーの対前年比伸び率+150%@SukiFlowerFarm
 長野県佐久市で、15年ほど前からオーガニックフラワー(有機栽培の花)を生産している鈴木さんと電話で話した。きっかけは、わたしのインスタグラムに鈴木さんが「いいね」を頻繁にスタンプしてくれていたからだった。お礼のつもりでメールを書くと、驚くべき事実が。

 

 スキファームのインスタ画面に、いっぱいにエディブルフラワーが映っていた。予想はしていたが、キンセンカなどの可食の花(エディブル)がたくさん。

 鈴木さんは、当初はMPS(環境認証の花)の会員だったが、2014年の雪害で心身ともに疲弊してメンバーを降りていた。「その後、商売はどうなっているのか」を心配していたが、その画像を見て、思い切って電話をしてみることにした。

 インスタグラムでのチャットのやり取りで、驚くべき内容の事実を知った。「好きファーム」(わたしが勝手に愛称でそう呼んでいるのだが)は、昨年から売り上げを急激に伸ばしていた。鈴木さんとのチャットから、

 

1 生花全体のなかで、エディブルフラワーが占める割合が、この9月にはじめて半分を超えた。

2 エディブルは、対前年比の伸び率が約150%。

  *その他のオーガニック生花は、横ばい。

3 売り先は、主として地元の軽井沢近辺。レストランや旅館などで、「地産地消」。

4 パンフレットもないのに、口コミと紹介でどんどん客が増えている。

5 流通は直販の持ち込みか、物流は宅配便。

 

 そのあと、電話で次のような話を交わした。

 

6 冬場の需要(寒い)に対応できないので、静岡にも栽培所を作った。

7 わたしが、飲食店でエディブルを頻繁に見かけるようになったのが、一昨年(2015年)から。

 そのころから、売り上げが急に伸び始めたようだ。

8 エディブルフラワーのセミナーを開くときには、スピーカーとして参加してください。

 

 副会長の三好さんと松村さんに、このことを伝えた(鈴木さんからは、ブログアップの許諾を得ている)。

 お二人からは、「やはり非市場流通で、直販でしたか」「先駆者先行者利益を守る手段を整えたほうがよいのでは?」などのご意見をいただいた。わたしの主張は、以下のようなものである。

 

 JFMAとして、早めに「エディブルフラワー」のセミナーを開くこと。

◆.ーガニックフラワーは、エディブルフラワーとして

栽培したほうが、業界を超えて直接のインパクトがある。

 流通も再デザインすべきで、新しい流通は食品の安全性を考慮したものに。

 

 そんなわけで、本日は、ちょっとエキサイティングな休日の午後になった。

  

 

| Kosuke Ogawa | 15:44 | - | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode