Entry: main  << >>
セーブオンとスリーエフ、青ローソンへの看板架け替えの効果

NEW!街を歩いていると、関東圏を地盤にした二つの中堅コンビニ、スリーエフ(横浜)とセーブオン(前橋)が、ローソンの青い看板に切り替わっているのを見かける。スリーエフの場合、新しいブルーの看板が、「スリーエフ・ローソン」とダブルブランドになっている。

 

 個人的には、「そんな中途半端なことは、極力やめたほうがいいのでは?」と余計な心配をしてしまう。300店舗のために、スリーエフブランドを残すのは無意味のように思う。都営新宿線の森下駅前にある店舗は、いま改装中で「スリーエフ・ローソン 11月9日開店」と堂々と看板の架け替えを予告している。

 その点でいえば、ベイシアグループの傘下にあるセーブオンは、とても思いきりがよい。エリアFC(フランチャイジー)に徹して、実を取りに行っている。いつも走っている10KMの練習コースの中間地点に、むかしからセーブオンがあった。夏前までは、お客の入りはいまいち。1KM先には手ごわいセブン‐イレブンがあって、こちらは駐車場がいつも満杯だった。

 ところが、そのセーブオンが、先月28日にローソンとして新装開店になった。新装になってすぐに寄ってみた。そこそこの入りだった。昨日は、新しいローソンまで走っていったみた。客の入りと店内の様子を観察するためである。

 

 運が良いことには、 元セーブオン、いまローソンの女性店主さんと話しをすることができた。看板架け替えからまだ2週間。客数が2〜3割は増えているとのこと。先日は、見た所、客の入りが以前の倍はあるように感じた。駐車場も半分近くは埋まっていた。以前は客も車のもちらほらだったのとは対照的である。
 「お客さんが増えて忙しくなったので、若い子を雇いました。そしたら、店の雰囲気がフレッシュになって」とうれしそう。それでも、ローソンになって覚えることが多いそうで、なかなか作業に慣れない様子だった。
 しかし、連休の最後の4時ごろだが、そこそこお客さんが入っていた。近くのセブンに客の入りで負けているが、まずまずの善戦。
 わたしが「前よりお店が明るくなりましたね」と言ったら、嬉しそうにいそいそと掃除をはじめた。商売がうまくいっているからだろう。セーブオンのローソンへの看板の架け替えは、うまくいっていると思う。少なくとも千葉県鎌ケ谷市ではそう見えた。

 セーブオンの店は関東圏内で約500店舗。生活道路の際にある駐車場が広い店が多い。推測だが、日販は先月までは30万円〜40万円程度? 昨日、鎌ケ谷店を見た所では、日販で45万円〜50万円はクリアできそうな感じだ。
 旧セーブオンやスリーエフの看板架け替えの貢献は、全ローソンでは約5パーセント。売り上げが2割増しになれば、トータルでは1%の積み増しになる。公表されるIRの数値にこれが反映されたら、バカにならない影響が出るだろう。
 セブンイレブンに、このお土産はない。アナウンス効果で、さらに日販が縮まる予感がする。
| Kosuke Ogawa | 16:33 | - | - | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode