Entry: main  << >>
Green Table (NOAF de 仲間の野菜を食べる会) 本日、高円寺で開催
 現役の大学院生(NOAF幹事)、新田美沙子さんの発案になる”GreenTable”が、高円寺の荒牧先生宅の離れで開催される。彼女の卒業プロジェクトは二転三転中しているが、当初のアイデアがグリーンテーブルだった。生産者から直送された野菜を、仲間で料理して一緒に食べる。

 

 最初のテストマーケティングの機会が、今回の「NOAF de ”仲間の野菜を食べる会”」@高円寺(杉並区)になった。開催場所は、高円寺の純情通り商店街を抜けた、昭和な街の一軒家。料理研究家の荒牧先生が、GTの開催場所として、ご自宅の離れを提供してくださることになった。

 

 出席者は、NOAFの幹事会メンバーに、小川研究室秘書の内藤さんと花畑さんを入れて総勢11名(荒牧先生も入れると12名?)。生産者幹事のふたり(千葉さん、竹川さん)が、彼らが作った夏野菜を提供してくれる。仲間の野菜を実際に食卓を囲んで食べてみることも、開催目的のひとつ。

 また、「シェアードブルワリー」(クラフトビール工場@八王子市)の小林大亮社長が、自作のビールをもって飛び入り参加する。先月仕込んだ初出荷のビールを、高円寺まで届けてくれることになった。SBのクラフトビールは、本邦初公開になる。

 パーティーは、約3時間。どんな風にNOAFの懇親会が進行するのか? まったく見当がつかない。料理の担当は、もちろんプロフェッショナルの新田さん。

 BYOで持ち込み可能である。わたしは、白ワイン(三越のギフト品)を持参しようかと思っている。

 

 ちなみに、NOAFとは、このブログで何度も紹介しているが、国内のオーガニック市場を広げるための産官学の緩やかなネットワークだ。わたしが代表幹事を務めている。「次代の農と食を創る会」の若手メンバー(西辻君、小野君、高橋君たち、U50)が幹事会の中核を担って活動している。

 今回のGreenTableは、幹事会会員の相互交流のためでもある。

 

 

 <案内状>によると、

 

 ”Green Table”

 (NOAF de【仲間の野菜を食べる会】)

 

 ●開催概要

 ・日時: 9月2日(土)13:00〜15:30ごろ
 ・場所: スタジオ1932高円寺 (昭和初期の民家)

   *板塀のある”トトロの家” 庭付き
   (高円寺駅北口から 徒歩8分程度)
 ・会費: 5,000円(税込み・当日徴収いたします)
   (食事・ミネラルウォーター、お茶代)   
 ・ドリンク: ワイン(赤・白)キャッシュオンデリバリー可能です。
        お酒の持ち込みは歓迎です。

| Kosuke Ogawa | 09:02 | - | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode