Entry: main  << >>
【店頭観察記録】 ローソン内幸町一丁目店に行って来ました!
 一昨日(7月10日)、ローソン内幸町一丁目店で、終日、店内とバックルームを観察していた。通算では10時間半。腰が痛くなった。そのときのスマホのメモを、そのままブログに掲載する。2017年7月10日、朝8時40分から夕方7時半までの記録である。

 

 実際には、SV(MC)の山田さんに、通算で4時間ほど、バックルームや店頭で連続してインタビューを試みていた。こちらのほうは、取材ノートに記録が残っている。秘密の部分もあるので、メモは非公開である。

 観察は早朝に始まった。記録をし始める前に、レジの様子などを眺めていた。店舗の混雑のピークは、朝7時から8時半までと12時からの1時間半。その間に観察していたことから、売場陳列の改善提案を二件。山田さんに喜ばれた。
 以下は、単なる観察記録のメモである。一般のひとには参考にならないかもしれない。でも、店頭に立って、こんなメモを書いていた。
<取材記録>
 
<早朝>
内幸町一丁目店に到着。名前を名乗らず。マチカフェを頼んでイートインで観察開始!日本橋からも近い。新橋から5分だった。
黙って観察開始。ローソンの広報部、杉原さん来店。8時45分。
薬の販売には、時間指定あり。8時から22時まで。登録販売士がいるかいないか?かな?
入って右奥のイートインコーナーの先に喫煙コーナーがある。何も買わないで、ビジネスマンが多数たむろしている。平均で5人くらい。
マチカフェのバリスタ?のユニフォームの若者が、よく声をかけている。8時53分。客が塩が引くように少なくなる。9時かは会社が始まるからだろう。
<お昼>
12時、5つのレジがフルオープン。それまでは一列が、二列で並ぶ。女子比率60パーセントを超える。ほとんどがお弁当。冷やし麺が在庫払底するだろう。外気温は35度を越している。
1列の待ち行列が、30人。もう一列が35人。女子比率が上がる。一日の来店客数が2300人。
12時18分時点から、並んでみる。20人の末尾から、会計直前まで5分32秒。割りに早いか?それとも、、、12時25分。長い列のピークは引いている。待ちの列は20人を切る。とおもいきや、1番目が27人に。
店内で青ローソンの籠を持っている人の割合は、10から20パーセント。案外高い。この時間になると、女子比率は20パーセントに落ちる。男女ともに、年齢層が上がっているように見える。
イートインは満杯、タバコエリアも6人。雑誌コーナーも満杯です。レジは4台ともにフルオープン。
第1待ちラインで、菓子のついで買いは、20人に一人?この時間帯になると、バスケットの携帯比率が高まる。20パーセント?重たい商品、牛乳や水などが増えたせいかな?
12時55分、再び30人の列になる。13時で急にレジが短くなる。15人。
この時点で、レジを一つ閉める。レジは4台に。店長、山田さん、日配の前進陳列作業を 始める。イートイン、喫煙コーナー、人数が半分に。一瞬、待ち行列がゼロに。13時13分。
再び列が20人に増える。13時以降の客は、なぜかパンと飲料の組み合わせが増える。あるいは飲料のみ。
<午後>
14時から15時半までは、山田さん取材。バックルームのデータ管理。廃棄ロスの管理やインセンティブの仕組み。MO組織のこと。
16時から、3便の品出し。米飯、日配、デザート、加工食品、乳製品、補充。店長さんとアルバイトさんの二人で約30分では、終わらず。多分45分までかかりそう。デザートの補充は、4時35分過ぎから。
このあと、夜間に翌日火曜日が新商品入荷。そのための棚替えを始める。棚フダの差し替えと、商品の移動。
<夕刻>
午後17時55分、スナック菓子類の新商品棚の入れ替え。棚札の変更と既存品の撤去。雑誌コーナーは一日中、いっぱい。イートインは空席。喫煙コーナーは満席。レジは三台のみオープン。
客がいない時間が10分ほど続く。外は風が強くなった。鑑江店長さん、モップがけを始める。杉原さん、冷蔵ケースを触る。冷蔵
ケースの陳列を変える。男性客がアルコール類を買い始める。18時10分。
ドリンク剤の陳列補充。客層が変わる。旅行者らしきペアなど増える。なので、スナック夜間にアルコール類などが売れ始める。
| Kosuke Ogawa | 10:52 | - | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode