Entry: main  << >>
【お知らせ】 日経MJヒット塾(6月19日号)で、福山の食品スーパー「エブリイ」を紹介しました 

NEW!二回シリーズは「食の製造小売りモデル」。先週号では、「福島屋」(上)を紹介しました。今週は、広島県福山市を本拠とする食品スーパーの「エブリイ」です。あまり知られていないのですが、このスーパーはビジネスモデル上の3つの特長(競争優位性)をもっています。

 

 日経MJ(ヒット塾)の編集部は、そのうちの「売り切れ御免」と「鮮度」に着目してくれました。タイトルが、それを反映しています。商品の回転率が、鮮度向上に資することはよく知られています。しかし、フードロスを排除するためには、垂直チャネルの統合が必要になります。

 エブリイ(食品スーパー)とホーミイダイニング(飲食チェーン)を水平的に結んだ、‖審囘な水平統合モデルがそれを可能にしています。食材宅配のヨシケイを傘下に擁して、さらには野菜農場に直接投資することで、/の製造小売りモデルが完結します。

 エブリーイのモデルは、いま苦しんでいるローカルスーパーの模範になれる可能性を秘めています。食品スーパー部門だけで、売上高1000億円を数年以内に達成することができると思います。エブリイ・ホーミイHDG(岡崎ファミリーの経営)としては、どこまで伸びていくのかも楽しみです。

 

 なお、本日は、『朝日新聞 朝刊』の「MONDAY解説:ヤマト、配達の時間指定と料金見直し」欄に、小川のコメントが開催されています。先週、朝日新聞大阪支社の記者からコメントを求められました。もともとは、『プレジデントオンライン』にわたしが書いた文章に注目してくれたからでした。

 

 

 

 

| Kosuke Ogawa | 12:13 | - | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode