Entry: main  << >>
【映画評】原作:こうの史代『この世界の片隅に』(★★★★★)
 戦前・戦中の軍港、呉市を舞台にした漫画の劇場版。戦艦ヤマトや原爆ドームが登場する。暗い戦争映画と思いきや、そこには思想的な宣教や直接的な反戦のメッセージはない。ただただ、18歳で広島から呉に嫁いできた主人公すずの日常を淡々と描いていく。

 

 暗い時代の描写を明るくしているのは、ずばぬけてドジなすずのキャラクターだろう。嫁いでいった先の北條家には、出戻りの義姉。径子がいたりする。彼女のいびりや悪態を、すずは意図しない天然の失態で切り返す。だから、北条家のお茶の間にはいつも笑声が渦巻いていた。

 昭和20年、それでも戦況は悪化していく。呉は軍港だったので、毎日のように米軍の空襲を受ける。人々の生活は困難をきわめていくが、食事や栄養の不足などを工夫で乗り切っていく。戦前・戦中の庶民の生活は実につつましかった。原作者のこうの史代さんは、そこを丹念に描いてくれている。いまの若い人たちは、あのシーンをどう感じて見てくれるだろうか。そこには、日本人の生活の原点を見るような気がする。

 物語の終盤で、すずと義姉はある不幸に見舞われる。そのことを解説するのは、ここではやめておこう。これから劇場に足を運ぶであろう読者には、ネタバレになってしまうから。

 

 映画のタイトル「この世界の片隅に」は、すずと夫になる北條周作の出会いと、すずが映画の最後で語るフレーズから来ている。つつましやかに、互いを大切に毎日を生きよう。その思いが込められている。

 そのあとに、映画の回想シーンがつづくのだが、誰も席を立とうとしない。暗闇の中で劇場から、忍び泣きの音が漏れてくる。劇中には笑い声が満ちていた分だけ、ラストのいくつかのシーンが重たいからだ。見終わってから、これほどジーンと泣けてくる映画もめずらしい。

 エンドロールには、一般人の名前が約3000人。あいうえお順にソートされていない。劇場化のプロジェクトに協力してくれた順なのだろう、延々と名前が続いて映画が終わる。漫画の原作を見た人たちで、劇場上演を支援するために、クラウドファンディングに協力してくれた人たちの名前だ。

 

 この映画は、11月に『君の名は。』を見たときの予告編で知った。12月に公開されたら、行ってみようと計画していた。日曜日(11日)に、テアトル新宿に出かけたが、午前11時の段階で、「終日、立ち見席のみ」となっていた。

 昨日、生まれてはじめて、再チャレンジで鑑賞することができた。みなさんも、早めに劇場に行ってみてください。君の名は。とはまた違った感動を得ることができると思います。

 ちなみに、わたしは日曜日に席を確保してから家に帰った。しかし、予約をしていなかったら危なかった。テアトル新宿は、月曜日も、終日満席だった。 

 

| Kosuke Ogawa | 08:15 | - | - | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode