Page: 1/3   >>
(その25)「優しいルール破り:52年ぶりの同期会で」『北羽新報』(2018年8月24日号)
 先日は三年ぶりで能代に帰省してきました。そして、52年ぶりで能代二中の同期会に参加しました。昨日は、本文にも登場する中川憲二先生から電話をいただきました。86歳でお元気でした。わたしたちが70歳になったら、また同期会でお会いすることを約束しました。そのとき、中川先生は喜寿を迎えられています。
and more...
| Kosuke Ogawa | 09:13 | - | - | pookmark |
(その24)「偶然と必然:50年ぶりの再会」『北羽新報』(2018年7月25日号)
 今月号で、地元紙への連載が満二年になりました。今月は、母校の同窓会について紹介しています。来る8月11日、なつかしい同級生たちと50年ぶりに再会します。どきどきものです。連載は地元ではよく読まれているようです。卒業から50年目にして生徒会長が同窓会に初参加することが、事前告知されるわけです。
and more...
| Kosuke Ogawa | 10:16 | - | - | pookmark |
(その23)「私立大学の教育事情:公明正大な面接試験」『北羽新報』(2018年6月23日号掲載)
 今月号の連載コラムでは、学部小川ゼミの面接試験のシステムについて紹介しました。わたしのゼミは、経営学部で唯一ですが、指導教授が面接に加わらないゼミです。したがって、教授推薦もありません。トラスコ中山(本社:大阪)の中山哲也社長にこの話をしたら、翌年から中山さんも最終面接に加わらなくなりました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 08:19 | - | - | pookmark |
(その22)「ワサビが消える日」『北羽新報』(2018年5月26日号)
 連載22回目のコラムは、ふたたび日本固有の在来種の代表選手、和食に欠かせないワサビの話を取り上げました。この原稿は、昨年発表した「日本のタネ、在来種を守る」『大阪農業時報』(2017年7月号)に加筆して、オリジナルの原稿に手をいれたものです。
and more...
| Kosuke Ogawa | 11:42 | - | - | pookmark |
(その21)「秋田県の日本一自慢」『北羽新報』(連載:東京下町発能代着)2018年4月20日号
 今月号の連載では、「秋田県の日本一」を取り上げてみました。小中学生の学力日本一はよく知られていますが、秋田美人がどのようにして生まれているのか?その理由を解説した記事がありましたので、それを参考にコラムを書いてみました。本日、発売の「北羽新法」と同時公開します。
and more...
| Kosuke Ogawa | 17:29 | - | - | pookmark |
(その20)「日米の引っ越し回数」『北羽新報』(連載:東京下町発能代着)2018年3月22日号 
 「 これまでの引っ越しの回数を教えてください!」というお願いを、3月15日にブログに書いた。二日間で70名(最終的には90名)から「引っ越しの回数」について回答をいただいた。速報版は3月17日に発表しているが、結果を記事として地元紙で書くことになった。データの解釈がなかなかおもしろい。
and more...
| Kosuke Ogawa | 08:35 | - | - | pookmark |
(その19)「コンビニ店員が消える日」『北羽新報』(連載:森下発能代着)2018年2月22日号
 今月号の連載(東京下町発能代着)は、コンビニの情報システムを取材したときの「こぼれ話」になります。先月、ローソンの無人店舗の実験店を取材しました。種々のメディアでこの様子が紹介されていますが、小売業の未来を透視したものはあまり見当たりません。
and more...
| Kosuke Ogawa | 08:06 | - | - | pookmark |
(その18)「名前の由来:遠い記憶」 『北羽新報』(2018年1月20日号)
地元紙の連載(東京下町森下発能代着)、今月号では、亡くなった友人たちのことと自分の名前の由来について書いてみました。遠い記憶がよみがえってきます。名づけ親だった父(小川久)が亡くなってからでも、すでに35年が経過しています。
and more...
| Kosuke Ogawa | 12:42 | - | - | pookmark |
(その17)「それ食べていいのに:賞味期限と消費期限の誤解」『北羽新報』(2017年12月20日号)
 この原稿は、以前に(東海道新幹線で事件が起こった二か月前)、本ブログに掲載した文書を下敷きにしたコラムです。タイトルを変更して、地元紙に掲載しました。元の原稿は、ブログのリストからすでに削除されています。改題して、「それ食べていいのに」としました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 11:00 | - | - | pookmark |
(その16)「生涯マイル:20年間で地球を6・8周」『北羽新報』(2017年11月25日号)
 人間は一生をかけてどのくらいの時間を空の上で過ごしているのか。どのくらいの距離を飛んでいるものなのか。その答えは、エアラインの会員になってみるとわかります。わたしの場合は、カード会員の日本航空だけで、20年間で地球を約7周していることがわかりました。
and more...
| Kosuke Ogawa | 10:56 | - | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

流通チャネルの転換戦略
流通チャネルの転換戦略 (JUGEMレビュー »)
V・カストゥーリ・ランガン

Recommend

Recommend

ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16)
ブランド戦略の実際〈第2版〉 (日経文庫) (日経文庫 E 16) (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
17年ぶりに改訂されたブランド本の定番。初版は累計4万部を販売。マーケティング担当者は必携のバイブル。

Recommend

しまむらとヤオコー
しまむらとヤオコー (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
埼玉県小川町で生まれた2社の創業から現在までの企業史。ドキュメンタリー小説タッチのビジネス書。

Recommend

マネジメント・テキスト マーケティング入門
マネジメント・テキスト マーケティング入門 (JUGEMレビュー »)
小川 孔輔
日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。事例集やマーケティング辞典としても使用可能。

Search

Entry

Category

Link

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode